きょうも香港華明星 別館〈未公開映画〉

中英字幕で観た日本未公開の香港映画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三更2  Three2

今度の三更は、血がいっぱい流れたりする・・・・

導演 三池崇史「盒葬」・陳果「餃子」・朴贊旭「割愛」
演員 長谷川京子「盒葬」 ・楊千[女華]、白靈、梁家輝「餃子」・李炳憲「割愛」

04_three2.jpg

STORY
「盒葬」
小説家の京子(長谷川京子)は毎夜夢を見る。雪原に倒れ・・・ビニールにくるまれて箱の中に入れられ息苦く・・・黒いコートを着た男が雪原を掘り、京子が入った箱を埋めている・・・・「夢はいつもここで終わる」。
京子には秘密があった。幼い頃、姉の翔子と一緒に見世物小屋で男(渡部篤郎)と一緒に暮らしていた。男にかわいがられるのはいつも姉の翔子。翔子のことは大好きだったのだが、京子はある夜・・・・
「餃子」
富豪(梁家輝)と結婚した元女優艾菁菁(楊千[女華])は、自分の美が失われていくことに恐怖を感じていた。夫は若い女と浮気の毎日。美を取り戻すべく、いくつになっても若いと評判の女性(白靈)の元を訪ねる。美の秘訣は彼女が作る餃子にある。出来上がるのをじっと待つ。出来上がった餃子、具の赤さが皮から透けて見える。口に入れると普通の餃子と違い妙にコリコリ・・・。何度が通ううちに、妻の肌の輝きに夫も近寄ってくるようになった。気をよくした艾菁菁だったが、ある日肌の異変に気づき・・・・
「割愛」
RYO Ji-Ho(李炳憲)は著名な映画監督、今は吸血鬼の映画を撮影している。今夜も撮影を終え、美しく貞淑な妻と暮らす豪華な屋敷に帰ってきた。いつものようにジューサーをセットしていると、家中の電気が消える。・・・・気がついたときは、両手をしばられ、身動きできず、たくさんのピアノ線がはりめぐらされるピアノの前に妻が座っていた。そして、見知らぬ男が妻の指をピアノの鍵盤に接着剤で固定しているところだった・・・・・

要チェック
●「三更」というと、心理的にじわじわくる恐怖を描く映画だと認識していたのだが、今回はかなり違っていた。

感想など
●「盒葬」。日本語だったからよくわかるはずなのに、なぜかわからなかった。・・・三池監督がこんなによくわからない、あやふやな映画を撮るなんて~と、嘆いても後の祭り・・・・
●「餃子」は一番よくわかるものだった。が、鄭秀文に変わってコメディエンヌの地位を築いたはずの楊千[女華]が、このような役をやるんだなーということにびっくりした。梁家輝はあまりにもぴったりな役で、演技してないんじゃないの? という感じだったね。
●「割愛」は3つの作品中、一番わけがわからない内容だった。わからない度に比例するかのように、血がいっぱい!! かんべんしてくれ~・・・・でした。

◆実は映画を見たのは深夜場。数10席だけの一番小さいスクリーンってこともあったけど、満席だった。そして、映画が終わったとき、周りの地元民の誰もが「うへ~」「わかんね~」という小さなリアクションを見せていたのがおかしかった。私もわからんかったのだよ(笑)
◆この映画、今年の東京国際映画祭の招待作品になっている、ということを戻ってきてから知った。・・・・・
hutu.gif 2004/9/19・香港戯院 | 2004年映画祭上映・2005年日本公開「美しい夜、残酷な朝 」 |
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。