きょうも香港華明星 別館〈未公開映画〉

中英字幕で観た日本未公開の香港映画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童夢奇縁 Wait' Til You're Older

どんなに年をとってもいつまでも少年の心を持っているのが男?

導演 陳森
演員 劉華 莫文蔚 黄日華 薛立賢 應采兒 林家棟

童夢奇縁STORY
12歳の光仔(薛立賢)は母親を自殺で亡くしていた。その後父親(黄日華)は再婚し、新徐敏しい母(莫文蔚)を迎えることになった。母親の自殺は父親のせいと思っている光仔は、父親を嫌い継母を嫌い、早く大人になって家を出ることばかり考えていた。
いつものように親にしかられ、継母に「出て行け」と言われて公園へ行った光仔は、苗木のような細い木を大木にしてしまう不思議な液体を持った老人・流浪漢(馮小剛)と出会う。そして、その液体を盗みだしたのだが、追われている途中でころんで液体の入ったビンを割ってしまう。そのときビンの破片で負った傷口に、その液体が入っていることも知らず。
家に帰れない光仔は、その晩公園のベンチで新聞をかぶって寝ることになる。目覚めてみると、光仔は立派な大人の姿(劉華)に成長していた。夢がかなったとうれしさを隠せない光仔は家に戻り、必要なものをディバッグに詰めて、小学校へ向かうのだった。学校には、憧れのMiss Lee(應采兒)がいるから。

要チェック
●子役の薛立賢。幼少時代の劉華の写真によく似ている。やはり似ている人をキャスティングしたんだね。
●老け役の劉華。特にね、映画館で待ち続けてる親父・光仔が切なかった。
●手の振るえがとまらない老人となって父親の前に現れるシーンは、親にとってはこれ以上ない切ない瞬間。たぶん。

感想など
◆光仔の父・陳文と周副校長(林家棟)がゲーセンで子どもにかえったように遊ぶシーンは、「男はいつでも子どもの気持ちを持っている」といっていたのだろうけど、その後の展開を見ているとかなり切なく感じてしまいました。
◆家を出て行っても、木の上からずっと家を観察している光仔。どんなに体が成長しても、やっぱり子どもなんだよね。だから、家からは離れられないんだよね。
◆切なくて、でもちょっぴりほっとした気分になったけど、いまひとつ納得がいかない。
◆それにしても、劉華は被りモノ(作品)がすきなのね・・・

egao.gif 2005/12/17・DVD
童夢奇縁ホームページ
スポンサーサイト

コメント

こんにちは、初めまして♪
私は、黄日華のファンで、この作品を見ました。
とっても優しい、お父さんわ演じている彼が益々好きに成りました。
そして、劉徳華の演技もとっても良かったです。特殊メイクも見ごたえがありました。 カレン・もくのヒステリックな奥さんも、何だか憎めませんでした。 とにかく、日本で公開されたら、見に行きたい作皮下の一つです。大きなスクリーンで、黄日華、劉徳華、カレン、を思う存分見てみたいです。 

  • 2006/05/16(火) 15:37:42 |
  • URL |
  • mimi #-
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます

mimiさん、はじめまして。当サイトをご覧くださって、ありがとうございます。
この映画、本当にいいですよね。私はアンディのファンなので、どうしても一番に目がいってしまいますが、父親役の黄日華、凄くいいと思います。金像奨にノミネートされてもいいのに、とアンディでなくとも思いましたもの。

>きなスクリーンで、黄日華、劉徳華、カレン、を思う存分見てみたいです。
私もこの映画が日本で公開されることを期待しています。

  • 2006/05/22(月) 21:46:30 |
  • URL |
  • kazumi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。