きょうも香港華明星 別館〈未公開映画〉

中英字幕で観た日本未公開の香港映画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天有眼  COMEUPPANCE

悪を倒す3人組なり!

導演 趙崇基
演員 陳小春 譚耀文 陳錦鴻 呉興國

STORY
カラオケバーのVIPルームで台湾の黒社会の1人が毒殺される。これを捜査する重案組の刑事張志華(陳錦鴻)と、取材に来たレポーターの克堅(陳小春)。そして、同じ時にそのカラオケバーにいた宗平(譚耀文)。
宗平こそがその犯人で、毒薬をVIP用のビールのピッチャーへ入れたときに落とした蓋を回収するために再びカラオケバーへやってきていたのだった。克堅は新聞史上に「江湖龍虎門」という、悪を成敗する小説を掲載していて読者に好評を得ている。その後も、黒社会の人間ばかりを狙った、いくつもの毒殺事件が起こる。それを調べる張刑事は、彼女の助言もあって、その手口が「江湖龍虎門」の内容に非常に似ていることに気づき、参考人として克堅を取り調べる。克堅はその後、毒殺からかろうじて生き延びた台湾の大ボスに再び呼び出され、犯人をおびき寄せる原稿を書くように強制されるのだった。

要チェック
●淡々としているのだが、杜棋峰率いるミルキー・ウェイ作品だけあって眼が放せないストーリー。いかにも、杜棋峰製作らしい音楽もよかった。
●ラストが、一体どっちに転ぶのか不安だったけど「非常警察」風にならなくてよかった!
●今回もヘンな感じの譚耀文だったけど、髭のないさっぱり顔ですっきり。一方の小春は、ヘンなヘアスタイルで、ひそかに笑える。
●悪人が、ああもみごとにバッタバッタと倒れていくさまは、見事としかいいようがありません。

感想など
◆理解力のなさなんだけど、宗平が悪人殺しに走った動機が読み取れなくって、残念でした。
egao.gif DVD | 2001年映画祭上映 |
天有眼
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。