きょうも香港華明星 別館〈未公開映画〉

中英字幕で観た日本未公開の香港映画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火爆刑警 violent cop

ジャケットが誤解を招く、刑事モノ。犯人はまさかね~

導演 梁宏發
演員 譚耀文 張文慈 杜文澤 海俊傑 張瑞哲 陳穎妍 何華超 梁敏儀 鐘潔怡 樂容容

STORY
ある日、有力者王建とモデルの惨殺死体が建設中の建物で発見された。この事件を扱うのは、カッとなったら何をするかわからない刑事・林強(譚耀文)らだった。惨殺された女性の検死は、女性長官も一目おいている大偉がやっている。殺されたモデルが出入りしていたディスコで、事件に関係がありそうな女性2人に目をつける。その2人、EVAと文文という女性は、ゲイのカップルだった。第2の事件は、殺人予告があったため刑事たちがガードをしていたにもかかわらず行われた。女優の思思小姐は、見張っていた刑事もろとも犠牲になった。やはり、EVAと文文に何か関連があると、刑事はEVAを尾行していたのだが、ディスコの女子トイレで見失ってしまう。
violent cop という英題。犯人は、果たして林強なのだろうか??

感想など
◆なんだかな~というのが、正直な感想です。
◆またもや不精髭の譚耀文。いい加減、すっきり小奇麗なお顔で登場してほしかったです。
◆またもや女性が犯人か!! と思ってしまったのは間違いだったようでした。
◆初めて見る顔が多かっただけに、思思小姐の恋人か付き人(大B)の役で、知った顔の何華超が登場してきて嬉しかったのですが、なさけない最後でした。よく見れば、ジャケットにも載っていました。
egao.gif DVD
火爆刑警
映画サイト
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。