きょうも香港華明星 別館〈未公開映画〉

中英字幕で観た日本未公開の香港映画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三更 之 回家  THREE HONG KONG VIRSION

長~い廊下。全部開いているドア。・・・何が怖いって、カレが怖い

導演 陳可辛
演員 黎明 曾志偉

STORY
刑事の男(曾志偉)は小学生の息子と、とあるアパートへ引っ越す。何戸もあるアパートは、妻の介護をしている漢方医(黎明)が小さい娘と住んでいるだけの、たいそう寂しいところだった。昼間でも薄暗い廊下の不気味さに怯える息子へ「男だったらびくびくびくするな」と一喝する父親。
学校から帰った息子は、少女に誘われて写真館へ遊びに行く。そして、その晩から姿を消してしまう。息子がいなくなったのは漢方医が関係しているに違いないと思った刑事は、漢方医の部屋で死体にしか見えない漢方医の妻の姿がバスタブに浸かっているのを見た。そして背後には、漢方医が・・・・・
刑事が気づくと囚われの身になっていた。殴られた頭には包帯が巻かれている。漢方医は死体と思われる妻に何をしているのか。「子どもはいない」と言い張る漢方医に、息子は何かされたのか・・・・自分はどうなるのか。
薄暗いアパート、生薬を刻んで煮込んでいる漢方医の部屋で時が過ぎていく。

要チェック
●怖い、とにかく怖い。
●人民服のような姿で、黒くて太いふちのメガネをかけてる黎明が怖い。
感想など
◆香港の今までのホラー映画は、まるで「お化け屋敷」というつくりだったから、スプラッターシーンでも怖さを感じないものだったけど、この映画は違う。心理的なところを突いてくるから、ドキドキと緊張が途切れることがなくてとっても疲れました。
◆55分という短さは、もともと3本で構成されていたものから「回家」という香港監督作品だけを抜き出して上映することになったから。
◆ラストのビデオの結末と、さらにその先の一瞬の出来事・・・・一時も目が離せませんでした。
egao.gif 香港戯院 | 2002年「三更」映画祭上映 |
THREE 死への扉
THREE 死への扉
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。