きょうも香港華明星 別館〈未公開映画〉

中英字幕で観た日本未公開の香港映画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衛斯理藍血人  THE WESLEY'S MYSTERIOUS FILE

天涯もかわいそうだけどそれ以上にかわいそうなのは・・・捕獲されていた宇宙生物

導演 劉偉強
演員 劉徳華 關芝琳 舒淇 鄭浩南 張耀揚
wesley.jpg
STORY
ここはアメリカ。宇宙生物分析局員の衛斯理(劉徳華)は中国人が営む骨董品屋で不思議な青い手を入手するが、その直後、どうしてもほしいという女性方天涯(關芝琳)が現れ譲ってしまう。実は天涯は地球で600年生きてきた藍い血を持つ宇宙人で、一緒に星を脱出してきた弟と地球上陸前にはぐれてしまい、その弟を探しているのだった。FBIの中の特別捜査班・Double X Unitの兄妹局員白素(舒淇)と白奇偉(張耀揚)は謎の生物退治に追われていた。地球外生物としか思えないそれは瞬時で人を殺戮している。その現場に居合わせた衛は生物をおびき寄せるも失敗。退治したのは謎の力を持った天涯だった。Double X Unitに協力する天涯と衛はやがて愛し合うようになり、白素も衛に思いを募らせるようになっていた。やがて天涯の持つ藍血聖を求め、2人の宇宙人Kill(鄭浩南)とRape(黄佩霞)が上陸、地球人になりすまし徐々に近づいて来るのだった。
地球は果たしてどうなるのか!? 黒ぶちめがねの衛が救うのだろうか??

要チェック
●劉徳華と舒淇の共演ということで楽しみにしていたのに・・・案の定というかなんというか。待たされた割には、劉偉強作品というより王晶印のお話しでした。
●独特な様相の地球外星人、とっても危なげな目つきの宇宙人Kill、荒唐無稽のストーリーは。見方を変えれば突っ込みどころ満載な、笑える映画として楽しめました。
●「天地雄心」風に“愛は地球を救う”のだけど、今回の“愛”は犠牲を払う愛でしたね。犠牲者のことはさっさと忘れて新しい愛に走る衛・・・進歩したといっていいのだろうか。

感想など
◆香港で公開されてから1か月近くたっていたので、都心では上映していなく地下鉄でちょっと足を伸ばしました。そこの劇場でも1日2回の上映のみ。私たちの貸切かな? と不安に思って劇場に入ると・・・10人ほど地元の人が入っていました。なんで今頃この映画を見るの? と、つい聞きたくなってしまいました。
egao.gif 香港戯院 | 2003年日本公開「ブルー・エンカウンター」 |
ブルー・エンカウンター
ブルー・エンカウンター
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。