きょうも香港華明星 別館〈未公開映画〉

中英字幕で観た日本未公開の香港映画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向左走,向右走  Turn left, Tturn right

香港版「君の名は」は、あまりにもじれったい~

導演 杜棋峰 韋家輝
演員 金城武 梁詠 陳之財 小關穎

STORY
台北の町。今日もオーディションに落ちたバイオリン奏者の劉智康(金城武)。小説家の蔡嘉儀(梁詠)は出版社へ原稿を持ち込むも不採用・・・・。壁をはさんだ隣同士に住む2人は、お互いの存在は知らない。2人の住むアパートの扉は並んでいるのに、智康はいつも右に、嘉儀はいつも左に行くから出会うことがないのだろう。道路で公園で、電車で始終すれ違っているはずなのに・・・・。
公園の噴水のふちに座ってパンを食べながら楽譜を眺める智康は、噴水を挟んで背中合わせに座る女性に目を留めていた。脇に置いた原稿の束から1枚とって、パンを食べながら眺めるのは嘉儀。風に原稿が飛ばされて噴水の池に落ちたことも知らずに夢中になっている姿に、声をかける智康。ようやく知り合った2人は、原稿を乾かしている間、お互いがかつての初恋の相手だったと知る。・・・子供のころの智康は、嘉儀に誤った電話番号を渡したため電話が来ることがなく、その後正しい電話を交換したのだったが、2人は名前を知らないまま分かれてしまっていた。今度こそはと、お互いの電話を交換したのだが、突然の雨に、インクがにじんで番号は判別がつかない。雨が降って逃げ込もうとした場所に、それぞれの家主がいたから、2人はバタバタと別れてしまったのだった。

その後、壁を挟んだ2つの部屋の住人は、全く同じ行動をしていた。にじんだ紙をにらみ、予測した番号をダイアルしてみるが違う・・・雨にぬれ、薬もなく冷蔵庫も空・・・・さっき間違えた先は確か食堂。2人はどちらも、出前を頼んだ。運んできた小紅(關穎)は部屋の様子から「音楽家!」と智康に惚れ、そのすぐ隣室の女性がにじんだ紙をうらめしそうに眺め、風邪をひいている姿から智康から聞いた初恋の女性だと直感するが・・・・。

風邪をこじらせ、救急車で運ばれる嘉儀を追うように、隣の病室に入院したのは智康。担当の胡医師(陳之財)は嘉儀の同級生だった。智康を献身的に看病する店員、嘉儀に惚れなおす胡。2人が再び出会うことはないままに常に左と右、同じような出来事が対照的に進んでいく。
振られた小紅と胡は、2人のアパートから出てきたところで出会い、結局のところカップルになってしまった。智康と嘉儀を引き合わせてあげることを考える。「何かあったらこの番号にかけて」と電話番号が渡されたときは、智康は欧州へ嘉儀はアメリカへ旅立つ決意をしたころ。さて、2人はこのままずっと、左と右に分かれたままなのだろうか。

要チェック
●出版社にいる人は~!!
●おっちょこちょいが過ぎるが、梁詠のはつらつとした姿に元気がでます。
●片や、かなり情けないイメージの金城武・・・・いつもどおりという感じですね。
●今回初めて知った陳之財と小紅。なかなかいい味をだしていました。
egao.gif 機内にて | 2004年日本公開「ターンレフト・ターンライト」 |
ターンレフト・ターンライト
ターンレフト・ターンライト 特別版
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。