きょうも香港華明星 別館〈未公開映画〉

中英字幕で観た日本未公開の香港映画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大イ老愛美麗  Enter the Phoenix

黒社会って本当はこんなにおかしいの??

導演 馮倫
演員 陳奕迅 莫文蔚 呉彦祖 羅家英 杜[シ文]澤 馮徳倫
04_EnterthePhoenix.jpg
STORY
黒社会のボス洪一(元彪)が亡くなった。ボスにずっと仕えてきた八爺(羅家英)は、新しいボスを招くため、タイに住んでいるという洪一の隠し子Georgieを息子の中堅(杜[シ文]澤)とともに探しに行く。しかし、そこでGeorgie(呉彦祖)とルームメイトのSam(陳奕迅)を取り違えてしまう。
当のGeorgieはゲイ。物心ついたときから人形が大好きだったが、洪一に厳しく反対され、反発するようになったのだった。取り違えられた方のSamは、「ボス!」と呼ばれることに快感を覚え、Georgie了解の下2人は互いに身分を交換して香港へやってくるのだった。
洪一家、こんなんで大丈夫??? 秋少(馮倫)が危険な視線を送ってるんだけど・・・・

要チェック
●馮倫の第1回監督作品は、出品人に成龍、製作顧問に張艾嘉という「おお~」っというメンバーに支えられている。
●出演者も豪華。主演に名を連ねる人の他にも、謝霆鋒、李燦森という「ジェネックス・コップ」仲間が登場したり、カメオ出演で鄭秀文や成龍が出てきたりと、馮倫の人柄がわかるようなメンバーです。
●昔むかしのシーンで出てくる羅家英と陳惠敏は、お約束通りにヅラ。ここは見逃せない! 重要なシーン!!^^
●めちゃくちゃおばかな映画です!! 1人でブッと噴きだすこと何度も・・・・飛行機にのっていて、とっても怪しいヤツに化してしまった私です(笑)
●舞台は黒社会。だからなのか、雨のシーンといい音楽といい5月に公開された「江湖」にとってもよく似ていたところが多かったと思ったのだけど・・・・“男2人の友情モノ”というところでくくったのかしらね?

感想など
◆上のタイトル。映画の最初に現れるときに、片方の男の手が、もう一方の男の尻をペロンとなでるのですね。ここからして、大爆笑・・・・ゲイが登場する、という予告だったとは、全然気づきませんでしたね。
egao.gif 2004/9/20・機内
enter-the-phoenix01.gif
映画サイト
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。