きょうも香港華明星 別館〈未公開映画〉

中英字幕で観た日本未公開の香港映画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四大天王 The Heavenly Kings

ドキュメントの姿を借りたフィクションが面白い

導演 呉彦祖
演員 呉彦祖 尹子維 連凱 陳子聰

四大天王STORY
呉彦祖が仲間を集めて始めたグループALIVE。いざデビューと、レコーディング会社を探すものの制約の多さに辟易し、ネットでデビューを考える。こういった例が初めてだからか、あるいは呉彦祖の人気によってなのかALIVEは瞬く間に人気グループとなり、ライブ出演が舞い込む。
そもそもレコーディングから始まって、マスコミの取材、ライブのための衣装・・・彼らには理不尽な出来事も多々あるが、F4よりも人気者になりたいALIVEのために、我慢することも多く・・・・

要チェック
●実話なのかフィクションなのか、微妙な具合が面白い。
●張學友、楊千[女華]、謝霆鋒、莫文蔚、盧巧音、張震嶽、と、歌手として活躍している面々のコメントが、この映画のリアルさを増してくれています。馮倫もDRYがどうのこうのとしゃべってました。
●さらにほんのちょっぴり写る房祖名、そして陳自強。見逃せません。
●そんな中で、一番ウケたのはALIVEの振り付け(ダンス)担当としてきた何華超です。   

感想など
ドキュメンタリーかと思いきや、これってしっかりフィクションなんですよね。
今の香港芸能界の困ったところを、自分たちでちゃんと体験して描いているから面白いのでしょうね。
映画祭で上映されたときに見なかったことが悔やまれてなりません。

egako.gif 2007/2/11・DVD |公式ページ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamyojo.blog9.fc2.com/tb.php/105-1bb04711
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。