きょうも香港華明星 別館〈未公開映画〉

中英字幕で観た日本未公開の香港映画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満城盡帶黄金甲  Curse Of The Golden Flower

王家の夫婦喧嘩は膨大な犠牲を生むのでした

導演 張藝謀
演員 周潤發 鞏俐 周杰倫 劉[火華] 秦俊杰 李大宏 李曼 陳瑾

満城盡帶黄金甲STORY
重陽節を迎えるにあたり、城を離れていた二王子元杰(周杰倫)は大王(周潤發)に呼び戻されていた。重陽節、高台で盛大に祝う席で、大王はあることを発表しようとしていた。
重陽節を楽しみにしていたのは皇后(鞏俐)も同じ、金糸で菊の刺繍を続けている。最近体調が悪いのはどうしたことかと調べさせたら、どうやら毎日何度か飲まされている大王調合の薬の中に、飲み続けると死に至る成分が含まれていることを知り、皇后の決意はゆるぎないものとなっていった。
皇后が愛しく思う義理の息子一王子元祥(劉[火華])は、最近誰か別の女性といい仲なのか・・・しかし、愛しい我が息子・元杰はようやく城に戻ってきた。
皇后は、父が自分に何をしているか、そして、自分がどうしようとしているか元杰に告げ、元杰は・・・・・
皇后はもちろんのこと、すべてお見通しの大王も、三王子元成(秦俊杰)のことをまったく考えていなかったのが、重陽節の悲劇の引き金になったのだろうか・・・・

要チェック
●胸、胸、むね・・・うなされそうです(笑)
●タイトル「黄金」の通り、何もかもがきんきんきらきら、非常に豪華絢爛な舞台です。
●誰も彼もが、心のうちに一物もっている王家。ただ1人まっすぐなのは、元杰のみ。
●その元杰に、元祥との関係を告げない皇后って、ずるいよね~!!
●大王直属の忍者部隊(?)の鎌が、非常に怖かったです。     

感想など
単なる夫婦喧嘩の話なのに、それが王と皇后となると多大な犠牲が払われるんだ。。。と、見ていてかなり辛い話でした。
何事もなかったかのように、死人が寄せられ菊花が並べられるシーンはなんともいえません。
香港の劇場で観たのですが、エンディングの「菊花台」をじっと聞き入る人が少なからずいたのが嬉しかったですね。

egako.gif 2006/12/21・地元戯院 |公式ページ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamyojo.blog9.fc2.com/tb.php/104-b9d3cc5d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。