きょうも香港華明星 別館〈未公開映画〉

中英字幕で観た日本未公開の香港映画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷城 Confession of Pain

心に傷を負った2人の男

導演 劉偉強 麥兆輝
演員 梁朝偉 金城武 舒淇 徐靜蕾 杜[シ文]澤

傷城STORY
2003年。兇殺組刑事丘建邦(金城武)は、劉正熙(梁朝偉)とともに強姦魔を逮捕し家路に着くとベッドに恋人Rachelが自殺をしていたのだった。妊娠していた彼女には、建邦とは別の恋人がいたのだった。
3年後、探偵となった建邦の元に劉正熙の妻周淑珍(徐靜蕾)から依頼が来た。その内容というのは、彼女の父親周元勝と叔父が何者かに殺された事件の真犯人を探してほしいというものだった。この捜査は夫も参加したもので、その数日後西貢村の家で犯人と思われる2人の男が争い死んでいるのが見つかり、捜査は打ち切られていた。
しかし、周元勝は犯人の2人を知らない。「父も叔父も、知らない人物を家に入れることは絶対無い」と、警察の捜査に不満を持つ淑珍だった。
劉正熙に事件の状況を聞きながら、建邦は犯人のパスポートからマカオ出身であることから、事件の真相の糸口を探すためマカオへ出かける。そして・・・・・

要チェック
●メガネをかけ、いかにもエリート風の梁朝偉。笑顔でも目が笑っていない演技です。
●そんな夫を体中で「愛してる!」と表現しているような妻。だからラストが切ないのでした。
●金城武の目はあいかわらずキレイ。演技は・・・やっぱり金城武でした。
●舞台が殺人事件だから、重く暗いストーリー。そんな中で、舒淇は空気を変えるような役どころでした。ほっと息がつけるような感じで、少ない出番ながらよかったです。
●最後のさいごに、妻への愛を実感した劉正熙。「彼女が(周元勝)の娘であろうとなかろうと、彼女は自分の家族なんだ」と言っても、あまりにも遅すぎるのでした。

感想など
タイトル通り、傷の城。
暗いストーリーです。でも、何度かみていくうちに印象は変わっていくのかもしれません。

egako.gif 2006/12/21・地元戯院 |2007年日本公開予定|公式ページ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamyojo.blog9.fc2.com/tb.php/103-b9879a0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。