きょうも香港華明星 別館〈未公開映画〉

中英字幕で観た日本未公開の香港映画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

得飲茶 I will Call You 

boy meets girl ハッピーエンドとは限らない

導演 林子聰
演員 方力申 梁慧嘉 林家棟 林雪 元秋 陳國坤

得飲茶STORY
彼女がほしいと思いつついつも男同士で飲んでいる阿文(方力申)は、ある夜Karen(梁慧嘉)と出会い恋に落ちる。スターを夢見ながら、深夜のテレビショッピングの司会をしているKarenもまた、素敵な彼を探していた。恋人候補としてならつきあってもいいといわれた阿文は、大喜びでKarenからの呼び出しにいつも飛び出していく。初めは幸せいっぱいだったのだが、Karenの気まぐれな態度に「自分はKarenの何?」と悶々とし始める阿文だった。

要チェック
●地味な顔立ちの方力申が女性に振り回される役どころ、はまりすぎ。
●林子聰初監督作品は、画面にいろいろな工夫があるのも楽しい。
●恋に対して臆病になるのは、まるで投獄されたかのような感覚という発想が面白い。
●失恋=演歌はぴったりだけど、あの歌手は誰?
●香港で失恋の歌と言ったら「暗裡著迷」らしいけれども、どうして大隻イ老が出てくる? しかも何度も出すぎ、歌いすぎです!! ※カメオ出演ということだが(笑)

感想など
「彼がほしい」「彼女がほしい」と思いをめぐらせ悩むのは香港の若者も日本となんら変わりないことがわかります。とはいえ、karenのあの強気な態度は一体どこから出てくるのか・・・「私がどんなことを言っても、彼は必ず応えてくれる。だって、彼は私を愛しているのだから」。こんな思いがあるからなんでしょうね。でも、阿文と同じように、彼が自分に背を向けてしまうこともあるわけで、山あり谷あり、そしてその先は必ずしもハッピーエンドではない、といういかにもありそうな話がいいですね。

egako.gif 2006/7/30・DVD |2006年映画祭上映|
スポンサーサイト

コメント

私も観ました!

はじめまして。こんにちは!
私もこの映画を観ました。3月に香港に行ったとき、ちょうど封切られました。小品ですが、大変好きな作品です。
この映画、今年の東京国際映画祭に出品されます。チケットがとれたので10月24日の回に観に行く予定です。監督のラムさんも来るみたいです。
この映画を観たあとで、香港の街を歩いていたら、主演のアレックス・フォンに遭遇したのですが、もしよろしければこちらをご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/hongkong/kijou-7-alex2.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hanamyojo.blog9.fc2.com/tb.php/100-f840aaa8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。