FC2ブログ

きょうも香港華明星 別館〈未公開映画〉

中英字幕で観た日本未公開の香港映画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒白道  ON THE EDGE

潜入捜査官があけて晴れて警官に戻ったものの・・・

導演 邱禮濤
演員 張家輝 黄秋生 呉鎮宇 李彩樺 曾國祥

黒白道STORY
黒社会のボスDARK(呉鎮宇)を捕らえ、8年に及ぶ潜入捜査官からはれて警察官に戻った海(張家輝)。制服を着て賞状をもらうが、何か気持ちがしっくりしない。新たに組むことになった龍(黄秋生)のやり方に納得がいかない思いの海は、小B(曾國祥)と一緒にDARKの元で働いていた頃のことばかり思い出してしまう。それは、DARKに比べひどいやり方をする龍のひどさからなのか、仲間である他の警察官からの冷たい視線からなのか、あるいは、かつての仲間からの罵倒のせいなのか・・・・。
そんなある日、海は黒社会との内通罪を着せられ逮捕されてしまう。小Bに呼び出され出かけていったところを、ビデオに撮られていたのだった。手錠をかけられたまま逃走する海の行く先は小Bの元だった。

要チェック
●ホラーでない邱禮濤作品なんて、なんだかヘンな気分。
●出番は少ないものの、印象に残るかっこよさを見せてくれるのは呉鎮宇でした。
●潜入捜査官の潜入明けの苦悩なんですね。
●さすが、派手なカーアクションは羅禮賢。
   
感想など
映画前半は回想シーンばかり多いけれど、海の髪が古惑仔のとき(過去)と警官のとき(現在)とで色が違うことで判断がつけられました。
潜入捜査官をやめて警官に戻っても、同じ管轄で働くなんてさすが香港だと思う。せめて違う管轄にしていたら「内奸」なんていわれなくてすむのじゃない? と思うのですが。
結局、あの脚の悪い男が何者なのかがわからないまま、終わってしまったのは不満です。
呉鎮宇はよかったけれど、黄秋生がいまひとつ味をだせてなかったようにも思いました。張家輝は・・・・・悪くはないけれど、そろそろはじけた役どころが見たい気分になりました。

egako.gif 2007/3/31・DVD |公式ページ
スポンサーサイト

四大天王 The Heavenly Kings

ドキュメントの姿を借りたフィクションが面白い

導演 呉彦祖
演員 呉彦祖 尹子維 連凱 陳子聰

四大天王STORY
呉彦祖が仲間を集めて始めたグループALIVE。いざデビューと、レコーディング会社を探すものの制約の多さに辟易し、ネットでデビューを考える。こういった例が初めてだからか、あるいは呉彦祖の人気によってなのかALIVEは瞬く間に人気グループとなり、ライブ出演が舞い込む。
そもそもレコーディングから始まって、マスコミの取材、ライブのための衣装・・・彼らには理不尽な出来事も多々あるが、F4よりも人気者になりたいALIVEのために、我慢することも多く・・・・

要チェック
●実話なのかフィクションなのか、微妙な具合が面白い。
●張學友、楊千[女華]、謝霆鋒、莫文蔚、盧巧音、張震嶽、と、歌手として活躍している面々のコメントが、この映画のリアルさを増してくれています。馮倫もDRYがどうのこうのとしゃべってました。
●さらにほんのちょっぴり写る房祖名、そして陳自強。見逃せません。
●そんな中で、一番ウケたのはALIVEの振り付け(ダンス)担当としてきた何華超です。   

感想など
ドキュメンタリーかと思いきや、これってしっかりフィクションなんですよね。
今の香港芸能界の困ったところを、自分たちでちゃんと体験して描いているから面白いのでしょうね。
映画祭で上映されたときに見なかったことが悔やまれてなりません。

egako.gif 2007/2/11・DVD |公式ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。