FC2ブログ

きょうも香港華明星 別館〈未公開映画〉

中英字幕で観た日本未公開の香港映画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金雞  Golden Chicken

クリスマスの夜に語られる、笑いと悲しみ・・・・

導演 趙良駿
演員 呉君如 曾志偉 胡軍 梁家輝

金雞STORY
クリスマスイブの雨の夜。尖沙咀のATMに駆け込んだ阿金(呉君如)は、 わずか98.2ドルしか自分の口座に残っていないことを知る。唖然としている阿金の背後に、阿邦(曾志偉)がナ イフをつきつけ「金をよこせ!」という。「98.2ドルをとるのか?」「暗証番号は****」といい捨てて阿金がATMを 出ようとしたそのとき、停電に。扉は閉じられ、2人は狭いATMの中で過ごすことになった。
「最近笑うことなんかない」と寂しく言う阿邦を笑わせようと、阿金は自分の体験を次々と話していくのであった。
阿金は鶏(娼婦)。16歳の時に當舞小姐になってから、80年代初めは大富豪夜總會のホステス、90年代初めはマッサージ嬢、香港の景気が落ち込んできた90年代の終わりからは「一樓一」で個人営業をしている。香港の景気と一緒に浮いたり落ち込んだりしている阿金。 いろんな客に出会ったが、マッサージ嬢のときに華仔(劉華)に会ったことは、今でも忘れられない思い出だ。 けして美人ではないから、大富豪夜總會時代には武術パフォーマンスを行い客にかわいがられていた。妊娠、死産という悲しい経験も、ホステスをしているときだった。うれしいことも悲しいことも、すべて受け止めてきた阿金は、そのたびにとてもたくましくなり、だから今ではとても懐が深い。
阿金が体験してきた話は尽きることがなかった。 やがて、朝が来るころ停電も復旧し・・・・・

要チェック
●阿金とかかわる人々には、劉華はじめいろんな明星がいっぱい出てきます。だから、見ていてとってもお得感がありました。
●化粧をばっちり施した呉君如。キラキラの衣装や、超ミニスカートも違和感なく見られました。しかし、「豪情」の何超儀と重なって見えてしまったといえなくもありません(笑)
●DVDにはこの映画の予告編が付いていました。阿金が「一樓一」をお色気たっぷりに宣伝しているTVコマーシャルを阿邦が見ているシーンなのだけど、これは2人がクリスマスに出会った後のものなのでしょうか? 字幕がないから何をしゃべってるかわからず、とっても気になるところなのです。

感想など
最近「香港性工作者」という香港の風俗嬢を取材した本を読んだばかりだったので、「金鶏」を見て、風俗の体系などがわかりました。映画では語られていない阿金の部分も、なんとなく見えた気もしています。
egao.gif DVD
スポンサーサイト

當男人變成女人  Women from Mars

女性蔑視をすると、○○○○がなくなってしまうのね・・・・

導演 劉偉強 葉偉民
演員 鄭伊健 王敏 張達明 古天樂 舒淇 瞿穎 黄卓玲 方志[王施] 呉鎮宇 馮倫 楊恭如

STORY
香港のカリスマ美容師TomKen(鄭伊健)は、自他共に認めるプレイボーイ。同僚のBradPit(馮倫)とナンパした女性の数を競う毎日だったが、(瞿穎)がDJを勤めるラジオ番組へ出演した頃から、いつもと調子が変わってくるのだった。
男尊女卑が激しい村で、村長の片腕として忙しくしている牛志飛(王敏)。この村では女性の発言権は全くないから、キャスターとして活躍している恋人Ruby(黄卓玲)に対してだって、当然いい加減。そしてナンパに励む。恋人CiCi(方志[王施])から妊娠を告げられた牛小寶(張達明)は、100ドル札を出し「深センへ行って始末してこい」と言い放ち、志飛とナンパに励むのだった。
この3人が、ある日、同時に目をつけた女性を追いかけてミニバスに乗ると、その行き先は、地獄の入り口・・・・。ところが地獄使者(舒淇・古天樂)はいろいろと考えたあげく、3人を元の世界へ戻すことにした。但し“小さな罰”を加えて。
翌朝、TomKenの部屋で目覚めた3人は、股間から大切なものが消えていることに気づかされるのだった。元に戻すためには、自分が本当に愛している女性から「我愛イ尓」と言ってもらわないといけないと、aiboに光臨した地獄使者が教えるのだった。ゴキブリに大騒ぎして、なくなったことを実感する3人は、果たして元に戻ることができるのだろうか。

要チェック
●カリスマ美容師という役柄は、あまりにもハマリすぎ! な感じの鄭伊健。“二枚目”王敏と“村”という組み合わせは、今までにない新しさです。
●それにしても・・・・なくなってしまうと、大変なものらしいですね。“月に1度の日”のためのお買い物をして、女性の大変さを痛感するってのも、なんですが。
●イベント会場で丸出しした苦労は、最後にハッピーエンドで報われて、見ている私も報われました。
●劉偉強が関わっているだけあって、あっちこっちに贅沢な配役が見られましたね。舒淇もキュートけど、ミッキーの耳を付ける古天樂も可愛いわ。やられた! ってのは、地獄古惑仔の面々。最後のテロップを見てびっくり仰天しました。スロー再生してもう一度チェックしないといけないわ!
egao.gif DVD
當男人變成女人
映画サイト

衛斯理藍血人  THE WESLEY'S MYSTERIOUS FILE

天涯もかわいそうだけどそれ以上にかわいそうなのは・・・捕獲されていた宇宙生物

導演 劉偉強
演員 劉徳華 關芝琳 舒淇 鄭浩南 張耀揚
wesley.jpg
STORY
ここはアメリカ。宇宙生物分析局員の衛斯理(劉徳華)は中国人が営む骨董品屋で不思議な青い手を入手するが、その直後、どうしてもほしいという女性方天涯(關芝琳)が現れ譲ってしまう。実は天涯は地球で600年生きてきた藍い血を持つ宇宙人で、一緒に星を脱出してきた弟と地球上陸前にはぐれてしまい、その弟を探しているのだった。FBIの中の特別捜査班・Double X Unitの兄妹局員白素(舒淇)と白奇偉(張耀揚)は謎の生物退治に追われていた。地球外生物としか思えないそれは瞬時で人を殺戮している。その現場に居合わせた衛は生物をおびき寄せるも失敗。退治したのは謎の力を持った天涯だった。Double X Unitに協力する天涯と衛はやがて愛し合うようになり、白素も衛に思いを募らせるようになっていた。やがて天涯の持つ藍血聖を求め、2人の宇宙人Kill(鄭浩南)とRape(黄佩霞)が上陸、地球人になりすまし徐々に近づいて来るのだった。
地球は果たしてどうなるのか!? 黒ぶちめがねの衛が救うのだろうか??

要チェック
●劉徳華と舒淇の共演ということで楽しみにしていたのに・・・案の定というかなんというか。待たされた割には、劉偉強作品というより王晶印のお話しでした。
●独特な様相の地球外星人、とっても危なげな目つきの宇宙人Kill、荒唐無稽のストーリーは。見方を変えれば突っ込みどころ満載な、笑える映画として楽しめました。
●「天地雄心」風に“愛は地球を救う”のだけど、今回の“愛”は犠牲を払う愛でしたね。犠牲者のことはさっさと忘れて新しい愛に走る衛・・・進歩したといっていいのだろうか。

感想など
◆香港で公開されてから1か月近くたっていたので、都心では上映していなく地下鉄でちょっと足を伸ばしました。そこの劇場でも1日2回の上映のみ。私たちの貸切かな? と不安に思って劇場に入ると・・・10人ほど地元の人が入っていました。なんで今頃この映画を見るの? と、つい聞きたくなってしまいました。
egao.gif 香港戯院 | 2003年日本公開「ブルー・エンカウンター」 |
ブルー・エンカウンター
ブルー・エンカウンター

三更 之 回家  THREE HONG KONG VIRSION

長~い廊下。全部開いているドア。・・・何が怖いって、カレが怖い

導演 陳可辛
演員 黎明 曾志偉

STORY
刑事の男(曾志偉)は小学生の息子と、とあるアパートへ引っ越す。何戸もあるアパートは、妻の介護をしている漢方医(黎明)が小さい娘と住んでいるだけの、たいそう寂しいところだった。昼間でも薄暗い廊下の不気味さに怯える息子へ「男だったらびくびくびくするな」と一喝する父親。
学校から帰った息子は、少女に誘われて写真館へ遊びに行く。そして、その晩から姿を消してしまう。息子がいなくなったのは漢方医が関係しているに違いないと思った刑事は、漢方医の部屋で死体にしか見えない漢方医の妻の姿がバスタブに浸かっているのを見た。そして背後には、漢方医が・・・・・
刑事が気づくと囚われの身になっていた。殴られた頭には包帯が巻かれている。漢方医は死体と思われる妻に何をしているのか。「子どもはいない」と言い張る漢方医に、息子は何かされたのか・・・・自分はどうなるのか。
薄暗いアパート、生薬を刻んで煮込んでいる漢方医の部屋で時が過ぎていく。

要チェック
●怖い、とにかく怖い。
●人民服のような姿で、黒くて太いふちのメガネをかけてる黎明が怖い。
感想など
◆香港の今までのホラー映画は、まるで「お化け屋敷」というつくりだったから、スプラッターシーンでも怖さを感じないものだったけど、この映画は違う。心理的なところを突いてくるから、ドキドキと緊張が途切れることがなくてとっても疲れました。
◆55分という短さは、もともと3本で構成されていたものから「回家」という香港監督作品だけを抜き出して上映することになったから。
◆ラストのビデオの結末と、さらにその先の一瞬の出来事・・・・一時も目が離せませんでした。
egao.gif 香港戯院 | 2002年「三更」映画祭上映 |
THREE 死への扉
THREE 死への扉

賤精先生  If U Care・・・

いじわるが生きがいの阿輝は、幼い日の願いをかなえるために?

導演 關信輝
演員 陳奕迅 鐘欣桐 李彩樺 健[冫弘] 許紹雄 劉以達 黄文慧
20050508204038.jpg
STORY
建築デザイナーの張俊輝(陳奕迅)の生きがいは、意地悪。
幼い日に「消防士になる」と願をかけて投げた石のことなどすっかり忘れ、火事があれば野次馬見物。おっと! 大事なプレゼンを目前に控え火事場見物をしている場合ではない。会社へ急いで戻らないといけないのだが、消防車やらなにやらで路上に停めた車が動かせない。そこで「私は医師。速やかに連れて行って診よう」と火事現場からようやく逃げ出てきた病人を乗せて、渋滞の現場を離れることに成功すると、その病人をポイ・・・・。
意地悪をする相手は全く何の恨みもない人ばかり。こんな毎日を過ごしていたある日、空から降ってきた石のせいで自動車事故を起こしてしまう。かけつけた救急隊員が、幼なじみの阿嬌(鐘欣桐)とも知らず病院に運び込まれ、左手にギブスをはめられる。そのギブスは医師(劉以達)により、高度な仕掛けが施されていた。誰かの手に阿輝のギブスが触れると、阿輝はその相手の感情や痛みを自分のことのように感じてしまうようになってしまった。これはすべて、阿輝の素行を見抜いた医師が考えてのことだったが、手の他は全く元気。こんなところにいたら対立する哥師[女乃](盧巧音)にプレゼンで出し抜かれてしまう。阿輝は監視の目をかいくぐり、ギブスをつけたまま病院を抜け出すことに成功するのだった。
会社に戻た阿輝を待っていたのは、部下や同僚・上司の罵倒と冷たい視線だった。

要チェック
●意地悪をしたあとの阿輝の、本当にうれしそ~な表情。中でも最高なのは、エレベーターでの意地悪!
●「無問題2」に匹敵するほどに作りこんでいる盧巧音。コスプレ? に目覚めてしまったのでしょうか。

感想など
◆実はこの夏、陳奕迅主演の映画が立て続けに公開されたらしい。他の映画は未見なのだけど、中でも「賤精先生」はぴピカいちのおかしさだろうと思うくらい、陳奕迅が生き生きと見えました。ギブスに触れると相手の感情や痛みに同化するというシーンでは女装姿もたくさん披露、魅せてくれています。香港らしい、えげつない内容の作品ですが、TWINSの鐘欣桐が“一服の清涼剤”となってホッと一安心できましたよ。
egao.gif 香港戯院
映画サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。